アプリの怖さを知っておかないと

スマートフォンやタブレットはいまや生活の中でなくてはならないものになりつつあります。 これらの端末は、大人だけでなく子どもたちも気軽に手にしています。 今までの携帯電話とは違い、スマホにはパソコンに近い性質があります。 アプリと呼ばれるアプリケーションソフトには様々な種類のものがあります。 大流行しているゲームやチャットソフトなどもその一つです。 スマホはアプリを活用することにより、便利に楽しく使うことができます。 しかし、アプリは一歩間違うと危険につながります。 スマートフォンやタブレットなどの紛失や覗き見によって個人情報が盗まれてしまう怖さを知っていても、アプリによって危険な目に遭うことは、あまり知られていません。 アプリには有料のものもあれば無料で使えるものもあります。誰でも手軽に端末にダウンロードし使うことができる一方で、その怖さについて詳しくは知らない人々が増加しています。 契約している携帯電話会社などの公式サイトからアプリケーションをダウンロードすることが一般的ですが、中にはそれ以外のサイトからもダウンロード可能なことがあります。 どのような人物が、どのような目的で作ったものなのかがはっきりとしない場合でも、便利さや機能によっては簡単にダウンロードしてしまいがちです。そういったとき、何が起きるかという怖さを知っておかなければ知らないうちに危険に巻き込まれてしまいます。 悪質なものの中には、電話帳などに登録された情報から勝手に個人情報や写真を引き出すものがあります。 こういった悪質な目的を持ったウイルスを侵入させるための手口の一つとして使われることもあり、一見便利な機能を持っているからといって油断はできません。 自分の情報だけならまだましですが、知らないうちに友人や知り合いなどの情報まで漏洩してしまうことにつながります。 防ぐためには、信頼できるサイトからアプリをダウンロードするようにし、ウイルス対策ソフトなどを使って、万一の場合に備えましょう。

情報を搾取されないように

スマホは、今や生活に欠かすことができないツールです。 家族や友人とのコミュニケーション、ニュースや天気予報などの情報を入手するなど → 続き・・

Copyright(c) 2015 ついついやりがちな危険なスマホ使い All Rights Reserved.