原因はカバーにあった

多くのスマホユーザーは、スマホの電池の減りが早いことに不満を持っていますが、電池が消耗する原因の一つが、スマホのカバーであることを知っている人は少ないのではないでしょうか。キャリアショップや通販サイトでは、さまざまなタイプが販売されおり、傷をつけないため、またはオシャレに装うためなどの理由で、多くの人が利用しています。 ところが、カバーによって放熱できずに熱がこもると、スマホは安全温度を超えてしまいます。リチウムイオン電池の特性上、熱暴走が始まって電池が劣化し、最大容量は減少、寿命も短くなってしまいます。電池の過熱が原因の発火や爆発なども起こっており、温度が上がる充電時には、特に注意が必要です。 また、放熱性の高い金属製タイプでは、電波を弱めてしまいます。そのため、電波を掴もうとする機能が常に作動し、電池の消耗を早めてしまいます。 意外な原因で、スマホの電池が消耗することが分かりましたが、それでもカバーを付けたいなら、金属製は避けて、長時間ゲームをするときや充電時には外すなどして、工夫して使うようにしましょう。

Copyright(c) 2015 ついついやりがちな危険なスマホ使い All Rights Reserved.