目の疲れから、睡眠にも影響が

電気を消したあと、寝る前に少しだけと思い、スマートフォンや携帯ゲーム機を使う方は多くいます。 しかし暗い部屋では、目の瞳孔が開くので、明るい部屋にいるよりも目の疲れを感じやすくなるので注意しなければなりません。 それにスマートフォンや携帯ゲーム機からはブルーライトが発生しているので、それも目の負担となってしまうのです。 目の疲れから、睡眠にも影響があらわれるようになるので、夜遅い時間になっても眠くならないなど、不眠症の状態になることも珍しくはありません。 中でもパソコンやスマートフォン、携帯ゲーム機などから発せられるブルーライトは、太陽の光にも含まれているものなので、夜にブルーライトを浴びるということは、太陽の光を多く浴びたのと変わらない状態になります。 夜に昼と同じような光を浴び続けることで、自律神経のバランスが崩れ、体内時計に異常をもたらすようになるので、目の疲れがひどくなると、睡眠に悪い影響を与えるようになるのです。 ぐっすり眠れないような毎日を送っていると、日常生活にも差し支えるようになるので、寝る前には電子機器は使わないようにしてください。

Copyright(c) 2015 ついついやりがちな危険なスマホ使い All Rights Reserved.